季節の音楽 卯月

jazzofthe80s[1]
季節の音楽 卯月 
 季節の音楽 卯月は「オーレックス・ジャズ・フェスティバル・インジャパン」を採りあげる。過去の「コンコードジャズ・オールスターズ・インジャパン」の姉妹編のようなものだが、こうした超ビッグなイベントが連続して開催された1981年というのは凄い年だったのだと今更ながら思う。そしてFMが録音とはいえ大幅な時間を割いて放送したのも正に「伝説的」なのだ。
 さて本イベントは「グレイト・ジャズトリオ&フレンズ」と題して、ピアノがハンク・ジョーンズ、ベースがエディ・ゴメス、ドラムスがバディ・ウイリアムス、という第二期グレイト・ジャズ・トリオ(以下GJT)がメイン。これにトランペットがアート・ファーマー、テナーサックスがベニー・ゴルソン、という信じられない超豪華メンツに加え、ボーカルが何とナンシー・ウイルソン!!
 GJTの「枯葉」の演奏に始まりトリオ演奏が続いた後にファーマーとゴルソンが加わる。一旦休憩のあとにナンシー・ウイルソンが登場というパーフォーマンスは当時のジャズの力強さがひしひしと伝わってくる。正にジャズの醍醐味ここにありって感じだ。放送では1981年の9月に日本武道館と大阪フェスティバルホールで開催された演奏会をほぼ網羅している。
 実は我が家にはそうしたFM放送からのエアチェック(カセットテープ)が残っている。このテープはdbxという方式で録音したのだが、その後このタイプのカセットデッキは製造中止となり、普通のdolbyにダビングし直したのが2004年の4月なのであった。dbxで録音された音質は予想をはるかに超えた素晴らしさで、エディ・ゴメスのベースが忠実に再現され、ダビング中に暫し聴き惚れていたものだ。卯月の夕刻にはぴったりな音楽である。
スポンサーサイト

下町のネコ事情(第三十九回)

SH380599.jpg
下町のネコ事情(第三十九回)
 今回のテーマはノルウェイ猫のミスターKである。このショットは地周りから帰宅した彼が玄関の扉を開けてくれとせがんでいる状態だ。後ろから我々が「ミスターK!」と呼びかけて接近してくるので、かなり焦っている。この画像の暫し後に家人であろうか玄関の扉が開き、彼はまさに飛び込むようにして中に入って行った。
 このミスターKは地周りといっても狭い範囲だろうと思っていたところ、何時もとは違ったとある時間帯にかなり懸け離れた場所で遭遇したことがある。余り広範囲にわたると、道路は絶対渡らないと安心している飼い主の意に反して何か起こらないかと心配なところではある。しかしミスターKがテリトリーを拡大していく様子はたのもしい。ノルウェイ猫が日本の下町を支配しつつあるのだ。
プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード