中学校の同窓会

中学校の同窓会
 最近貴重なる体験をしたので、このブログの番外編として記すことにする。それは先月下旬に開催された中学校の同窓会のことである。この同窓会は関東のS県T中学校の昭和39年の3月に卒業したメンバーで構成され、人口比率的に言えば「ベビーブーム(団塊の世代)」の最盛期にあたり、学年人口は500人近い。組の数も今なら数組なんだろうが12組まであったのだ。驚異的なのは過去何回も開催され、その度に100人を超えるメンバー(+先生)が集まっていることだ。余程絆(きずな)が強いものと思われる。今回は前回の還暦祝いに続く「5年後の集い」となる。
 この歳になると時間はたっぷりある反面、体力、知力が衰えてくるのでそのバランスを採るのが中々難しい。でも、その課題を解決した(であろう?)人々が集まってくる訳だから、皆さんが相当に「若い」のには心底驚かされる。
 実は小生は社会人になってから関西に移住?してしまい、その間この同窓会とは全くの音信不通状態であったのだが、3年前に関東に戻ってきたので今回の参加が可能となった訳。つまり小生に限って言えばメンバーとは正に50年振りの再会となるのだ。
 始めは顔形の変化についていくのが難しかった?が名札を見て、話をするうちに画像修整が進行し、(それにこちらの視力の衰えも加味すれば)あの時代にタイムスリップしてしまう。 それは正しく異世界に漂っている感覚とでも言えば良いのだろうか?これこそがイリュージョンなのであろう。会場で撮られた写真を後で見れば真実が分かるかも(笑)。
 何故にこうした心持になるのかと言えば、小生にとってT中学に「嫌な想い出」が皆無だったことがあげられる。勿論楽天的な性格もあったのかも知れないが、あの頃は「目一杯遊び」「目一杯勉強」した貴重な時代であったのだ。それは単に脳内の記憶に止まらず視覚、聴覚、嗅覚などあらゆる器官に刻印され、それが今回の50年振りの再会で一気にスイッチが入ったものと思われる。
 そうして過ごした2時間余りは実に言葉では表現しにくい程にファンタスティックであった。記念撮影も組ごとに行われたり、一方ではこのT中学へはN小学校とT小学校から上がっていくので、その対抗意識を利用したゲームなんかも開催され、大いに盛り上がった。そうした会の主催者の気配りも実に良かった。それにゲストのお二人の先生もお元気なのも頼もしかった。幹事の皆さま有難う御座いました。また次回を楽しみにしております。
スポンサーサイト

テーマ : 同窓会
ジャンル : 学校・教育

10月はホラー映画月間(2013年版)

13101401N.jpg
10月はホラー映画月間(2013年版)
 今年も恒例のハロウインが近付いてきた。米国では過去大停電、ハリケーン等で中止になった所為か実に2年振りなんだそうで、その盛り上がりは相当なものらしい。とは言うものの実は米国映画でハロウインに因んだ(つまり10月公開の)ホラー作品は今年に限っていえば意外と少なく以下の2作品くらいである。
 「インシディアス 第二章」は前作の続き。インシディアスは引っ越してきた屋敷のゴーストものだが、被害者の過去や性格も絡んできて、ある意味新しい視点で作られた作品である。監督はSAWシリーズのジェームス・ウオン。現在米国でホラー作品を撮らせたら右に出る人は居ないという逸材らしい。「キャリー」はご存知スティーブン・キング原作のサイコサスペンス。情緒不安定な女子生徒がストレスが溜まるとそのエスパー能力にスイッチが入り超常現象が発生する。リメイクながらそのシーン等が見ものという。
 実のところこの10月は初旬より「ゼロ・グラビティ」という強力なSFスリラーが三週間も米国映画興行成績のトップに居座っている。これは宇宙空間アクシデントものなんだけれど、3D映画としてかの「アバター」以来の出来栄えとかで批評家、一般観客から絶大な支持を得ているという。そして3Dだと客単価が高いのでそれが興行成績にそのまま反映されているわけだ。事前にそうした理由の予想が付いた為か他のホラー作品は公開を控えているのかも知れない。ホラー映画ファンとしてはやや寂しい今年のハロウインである。
 尚、表題の絵はJASON Gallery から「ハロウイン」を掲載したものである。

テーマ : ホラー映画
ジャンル : 映画

季節の音楽 神無月

季節の音楽 神無月
 季節の音楽 神無月はシューベルトの軍隊行進曲を採り上げる。クラシックの名曲として有名なこの曲は1818年に作曲され、1826年にアントニオ・ディアベリにより出版された。第一番から第三番までの3曲があり、いずれも勇壮な主題に始まり、下属調のトリオを挟んだ3部形式で書かれている。中でも曲としては第一番が良く知られている。
 またピアノ連弾用に作曲された為、レコード(CD)はその演奏形式によるものが殆どである。小生のお気に入りはワルター・クリーン夫妻が演奏したもので、その機知にあふれたリズム感が素晴らしい。(ここで聴ける
 小学生の頃、ヴァイオリンのレッスンでこの曲を習ったことがある。当時はラジオもコンサートも殆ど体験できなかったので、こうした音楽のレッスンがそのまま「音楽体験~名曲との出遭い」の役割を演じていたものだ。即ちバッハ、ベートーベン、モーツァルトを始めとする西洋音楽(死語かも)を体感できたのはまさしくこのヴァイオリンのレッスンを通じてのことであり、非常に貴重な体験であった。この時の体験が今でも小生の「音楽的素養」に深く根ざしていることはいうまでもない。尤も上手く演奏できたかとなると、それはまた別の話なのであるが・・・。
 確か小学校2年生の秋頃にこの軍隊行進曲をレッスンしていた(と思う)。その為か空気に秋の香りが漂ってなんとなく勇ましい曲というより清々しい感覚の方が印象深い。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

下町のネコ事情(第十七回)

SH380042.jpg
下町のネコ事情(第十七回)
 前回触れた「居酒屋のアメショー」は機嫌良く暮らしているのだろうか?居酒屋の入り口隣の中の階段(に雑然とちらかっている箱の上)にポツネンと坐っている筈なのだか、いかんせん「遭える」チャンスはかなり低い。昼間は先ず居ない。夜も居酒屋が繁盛している(らしい)ので目が届かないのか登場しない。更にこの店は犬を飼っている(コギー犬ともう一匹)手前、その入り口隣の扉を開けて散歩に連れて行かねばならない。よって箱の上に居られるチャンスがどんどん少なくなっていく。
 ところが、最近環境の変化かかなり頻繁に登場している。そこで上の写真を撮影した。やっぱし2年近く経ると図体が大きくなり顔もふっくらしてくるようだ。何より元気な様子が頼もしい。今後も居酒屋の「招き猫」としての活躍を期待したい。
 尚、手前味噌であるが小生のホームページ「チェリーとジャンヌ」はハロウインを間近にしてスペシャル版を掲載しているので是非ご覧頂きたい。

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

下町のネコ事情(第十六回)

メイクーん1
下町のネコ事情(第十六回)
 今回は新顔を紹介したい。下町のしかも所狭しと犇(ひし)めいている戸建て住宅の一角でメインクーンを見掛けという(写真参照)。それも昼下がりである。目撃情報によれば「呼べば応える実に人慣れしている猫」らしい。
 元々戸建て住宅が密集している為か、この辺りの家々の周囲には駐輪の自転車が道路にはみ出し、植木や鉢が当然の如く並び、果てはダンベルをする台(恐らくそこに寝てダンベルを上げ下げする?)が我が物顔に鎮座したりと、雑然と「東京の下町」を形成しているのだ。そんな空気の中で突然登場したメインクーンであるのだが、様子からして飼い猫であることに間違いはないようだ。メインクーンと言えばご存じのようにかなり大きい。目撃者が初めイヌと見間違えたのも頷ける。我々の棲む下町では以前「居酒屋のアメショー」(第5回参照)を紹介したが彼(彼女?)に続く異国の輩なんであります。

テーマ :
ジャンル : ペット

プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード