季節の音楽 皐月

images[1]
季節の音楽  皐月
 皐月はローズマリー・クルーニーの唄う「バークレイスクエアのナイチンゲール」を採りあげる。これは、作曲がマニング・シャーウィン、作詞がエリック・マシュウィッツのジャズの名曲である。曲の題名はロンドンの地域と鳥の名前である。ロンドンの中心街のメイフェア地区にあるバークレイ・スクエア街路が舞台であってそこで恋人たちが出会い、楽しいひと時を過ごし、そして分かれていく。その度にナイチンゲールが囀っていた。そこでバークレイスクエアでナイチンゲールの声を聞くと去りし日が蘇ってくる・・とまあそうした若干ノスタルジックな曲想である(因みにナイチンゲールはその名の通り夜に啼くらしい)。曲はバースもリフレインも極めてきっちりと作られフェイクを許さない「頑丈さ」なのだが、それが不思議と曲の持つ「儚さ」を表していて心地良い。
 これだけの名曲だから古今東西のジャズ・ヴォーカリスト達が歌い、また演奏もされている。JASONのお気に入りはローズマリー・クルーニーのアルバム「シングス・バラッズ(Sings Ballads)」に収録されているものだ。殆どギターのエド・ピッカードとのデュエットというのも嬉しいが、クルーニーの太く安定した歌声はこの曲の「頑丈さ」を十二分に歌い上げており実に感動的だ。クルーニーという人は惜しくも先年亡くなってしまったが、晩年はテレビドラマ「緊急救命室ER」のファーストシーズン第二話に「ボケた老歌手」として主演している。因みにこの出演は親類関係にあるジョージ・クルーニー(ERの小児科医役)のつながりという説が一般的だ。また更なる蛇足ながらこの時の日本語吹き替えはあのペギー葉山であったそうな。
 さてこの演奏を知ったのは「スイングジャーナルが選ぶコンコード・ベスト」なるコンピュレーション・アルバムである。そのトップバッターを飾っている訳だがそれを聞いて一発で気に入って仕舞い、本体のアルバム「シングス・バラッズ」を即ゲットした。ここには皐月晴れを連想させる清々しさが満ちていると思う。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

バベットの晩餐会

(JASON通信アーカイブ その7)
バベットの晩餐会(1992年4月にWOWOWにて視聴)
 1989年のデンマーク映画。これが滅法面白い。北欧の寒村に静かに暮らす老姉妹の下に大陸から女が流れ着く。そのバベットが下女として勤めて20年。料理にたけた彼女は実はパリのレストランの女料理長であったのだ。しかしそれは今は昔の物語。ところが、彼女の唯一の楽しみが「宝くじ」で遂に一等の1万フランを仕留めて仕舞う。
 さてここからが本題である。老姉妹の父親の何十年回忌かの記念の夜の晩餐会を総て一人でやらしてくれと頼む彼女は一週間かけて大陸へ材料を買い出しに出掛ける。そして、浜辺に運ばれて来た数々の材料、大きな氷柱、海亀、鶉、そしてアシスタントの少年。ここいらから観客はワクワクしてくるのだが、同時に演出の妙でもあるのだな。
 そして当日の夜である。パリの最上級レストランのディナーを再現する席に招かれたのは村の人々と村出身のなんとか将軍。この将軍にしかメニューの素晴らしさが解らないという設定になっていてそれがたまらん。各料理には其々にワインが異なり、パペットがアシスタントの少年にそれをいちいち指示する様子がたまらん。料理は別段豪華絢爛というわけでは無く、トリフやキャビアなんかをふんだんに使って味で勝負している様が手に取るように解るのもたまらん。勿論こうした場面以外にも表面的ではあるが寒村の人々をサラリと描いていて心温まる仕上げに成っておる。つまりは大人の寓話なんであります。傑作と言ってよいでしょう。
 余談ではあるが北浜の三越劇場でこの作品が公開されたおり、劇場に隣接するレストランでは毎日先着10名に限り映画と全く同じメニューを確か3万円くらいで提供していた記憶がある。それも今は昔の事と成って仕舞ったのであるが。
(尚、2012年現在北浜の三越も既に無く、本当に今は昔の物語となって仕舞ったのだ)

テーマ : お気に入り映画
ジャンル : 映画

カルトQ

(JASON通信アーカイブ その6)
カルトQ(1992年3月付)
 異色のクイズ番組。以前は深夜に放映されていたという。クイズ番組といえば昨今は芸能人が出演し、レポーターが海外に出掛けて行き、この品物は何でしょう形式みたいなまあ他愛の無いヤツとか、大陸横断ウルトラクイズと称するモンとか、正解がごく一般的なものが多かった様に思う。しかし、一億総オタク化した今、そんな生ヌルイ問題では皆の衆が承知しなくなってしまった。いわば、超マイナーな問題とオタク族との対決、これがキーワードなんである。つまり「マイナー志向」が市民権を獲得しつつあるのだ。
 さて本題の「カルトQ」である。毎回テーマが決まっており、予選まで行われるという盛況ぶりである。テーマは「デパート」「ラーメン屋」というごく一般的な題材(これは東京周辺に限っているのがイマイチなんであるが)から、ついに出ました「サンダーバードファミリィ」(これはゲーリィ&シルビア・アンダーソンが生み出したスーパーマリオネーション作品、即ち「スーパーカー」「宇宙船XL-15」「スティングレイ」「サンダーバード」「キャプテンスカーレット」「ジョー90」と実写作品「謎の円盤UFO」「スペース1999」を指す)とか、「手塚治」とか、いかにもと言った場合など様々。当然回答者もフツーらしい人(?)とアブナイ人種とに大別される。サンダーバードでは異常な中学3年生に番組は乗っ取られたし、つまりは出題者と回答者の激しいバトルでもあるのだ。問題が出され回答がされる。と同時に司会者が何も言わなくても回答者達が回答の解説をとうとうと始めるのである。もう番組はハチャメチャに展開して誠に面白い。オタク族の井戸端会議なんである。
 と思えばまた、「エルビス・プレスリー」の回では「レコードBlue Hawaiiに収録されている曲目を全部答えなさい」という超難問に52歳の主婦がゆっくりと丁寧に全12曲をしかも順番に(!)答え、司会の女の子は感動で目を潤ませてしまうてなジーンとくる場面もあるのだ。とにかく注目のトレンド番組であります。

テーマ : 懐かしいテレビ番組
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード