ゴヤ展(国立西洋美術館)

ゴヤ展(国立西洋美術館)
 今年になってから気掛かりな事としてこのゴヤ展が一月一杯(29日まで)で終了することがあった。ようやく間に合ったのでここにレポートする。小生がゴヤの作品自体を個別で観た記憶はあるのだがゴヤ展として全体像を体験したのは今回が恐らく初めてであろう。
 さて本展覧会のポイントは二つある。先ずは「着衣のマハ」である。これは超有名であるが実物を観るのは今回が初めてだ。そしてそれは想像を絶する作品であった。ゴヤの絵として人物画はかなりあるが、どれもが顔が明確でない。つまり人相がはっきりしないのだ。よって視線が定まらず、衣服や背景(例えば木々や建物)なども不明瞭に描かれているので構図の印象が薄くなってしまう。こうした他の作品と比較すると「着衣のマハ」はまるで別人が描いたと思わせるほど刺激的だ。先ずマハの人相は極めてはっきりしており、その視線は絵を見る人を鋭く貫くようだ。また着衣にしろベッドにしろかなり細かく描き込まれている。そして左右一杯に広がる迫力ある構図も素晴らしい。絵全体からオーラのようなものが立ち上っており思わず立ち止まって見入ってしまう。正に名作の名に相応しい逸品と言えよう。
 しかしこれだけで終わらないのが本展覧会の凄いところだ。ゴヤは人物画などの絵の他に小型のイラストを描いている。技術的にはエッチングなどを駆使しており、様々なシリーズものとして出版されているのだ。そこに描かれているのは悪魔、魔女、といったファンタジーから戦争の凄惨な場面、闘牛で撒き散らされる血糊、妖怪めいた生き物などである。そのパーフォーマンスはカリカチュア、寓意、エルンストを思わせる筆致、など文字通りシュールレアリスムを先取りしたもので圧倒されてしまう。どれもが精密に書き込まれ戯画としての出来栄えも素晴らしいもの。元来印刷メディアを対象としたこうした作品群は同時にメディアの精度にも影響される宿命を持っている。事実売店には一つのシリーズを本にした商品があったが印刷(オフセット)の品質は最低であった。その点、出版物をオリジナル印刷技術(エッチングなど)で楽しめた当時の人たちが羨ましい。そして今回その出版物を原画として鑑賞できる喜びは何ものにも変えがたいものだ。
 ゴヤは元々は職人画家であった。様々な肖像画にみられる先ほどの不明瞭な描き方の先にはどうも「不承不承描いた」印象を拭いきれない(「着衣のマハ」は別格)。本当は小型のカリカチュアの作品に彼の真骨頂があったのではないか、と邪推してしまうほど非常に興味深い展覧会であった。
スポンサーサイト

テーマ : 絵画・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

季節の音楽 睦月

季節の音楽 睦月「ライブ・アット・カーネギーホール1938 ベニーグッドマン」
 皆さまあけましておめでとうございます。本年もこのブログを宜しくお願い致します。
 さて今年は「季節の音楽(睦月)」からスタートする。そこで「ライブ・アット・カーネギーホール1938 ベニーグッドマン」を採り上げる。これはかなりモニュメント的な意味合いを持つアルバムだ。先ずは開闢以来クラシックの殿堂として名を馳せていたカーネギーホールで「初めてジャズが演奏された」ということ。これは現代からは到底予想すら不可能な「画期的な出来事」だったようだ。このジャズという単語だが「黒人の演奏する音楽」と言った方が分かり易いかもしれない。つまり人種差別が横行した時代に白人の大舞台であるカーネギーホールに黒人が登場して何やら演奏するのだから当事者(つまりベニー)は相当の覚悟が必要だったに相違ない。これはベニーの黒人ジャズミュージッシャンに対する深いリスペクトがあったからこそ実現した奇跡的なイベントなんである。
 ベニーグッドマンについては多くを語る必要は無いがジャズクラリネット奏者であるというだけでなく、バンドを結成して軽快なスイングジャズを提供した功績は(今から考えれば)計り知れないといって良い。クラシックの作曲家バルトークなどとも交流があり、グッドマンに捧げられた「ヴァイオリンとクラリネットとピアノのためのコントラスツ」なる曲が存在すること自体、彼は偉大なミュージッシャンでもあったのだ。
 さてその彼がコンボを率いて颯爽とカーネギーホールで演奏したスイングジャズに当時の聴衆は大熱狂した。メンバーもライオネル・ハンプトンなど超一流どころを揃え演奏のクオリティは完璧。とりわけ「シング・シング・シング」のジーン・クルーパーの圧倒的なドラムソロやその後の淡々としたテディ・ウイルソンのピアノなどはもはや伝説化している。
 当時のSPからの復刻された二枚組みのレコードは中学生だったJASONにも相当なるカルチャーショックを与えた。確か妹の友達が遊びに来た際に持参していたと記憶するのだが、肝心の友達は茶の間で妹と談笑に興じている間にJASONは一人勉強部屋でこのレコードを聞いたものだ。それは一月の寒い日曜日だった気がする。しかし聞こえてきたのは極めて「ホットな音楽」だったのだ。
 くだんの友達がこのレコードを買った理由が傑作で中のレコードの紙袋(レコードというのはジャケット、レコード、そしてレコードを包む薄い紙袋で構成されている。因みに輸入盤の廉価版には紙袋が無いものも多い)に最新レコードのジャケットの数々が当時としては珍しいカラーで印刷されておりそれが「余りにも綺麗だから」というものだった。つまり購入者はこのレコードに針を下ろしてすらいなかったのだ。その友達は何度か我が家に遊びに来たがその度にこのレコードを持参してくれたのが妙に懐かしく思い出されるのである。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード