ゾンビ・ランド

ゾンビ・ランド(2009年 米国映画)
 毎週月曜日はホラー映画を採り上げているが今回は「ゾンビ・ランド」である。これは数あるゾンビ映画の中でも近年稀に見るヒット作だそうな。事実興行成績のベストテンにも長い間居座っていた記憶がある。
 設定はいつもの如く全世界が「ゾンビ化」した後のお話である。生き残った人間たちが約束の地(ロスの遊園地)?を求めて文字通りサバイバルを繰り広げる、というのもお約束通り。しかし最近のホラー映画のトレンドとして「旧来のその手の映画から一歩突っ込んだ内容」で勝負に出ているあたりかなりしぶとい作品であることは相違ない。それはゾンビとはある一定の距離を置いていることなのだ(というかゾンビはあまり登場しない)。そして中心は切れやすい鉄砲ブチかましオヤジ、引きこもりオタクの青年の2人に詐欺、強請、タカリなんでもござれの悪ガキ姉妹のなのだ。この一癖も二癖もある人間たちが出会うのだから騒動が持ち上がらない筈は無い。ある意味四人のロスに向かうロードムービーと言えるかもしれない。
 外界はゾンビだらけという異様なシチュエーションが程よいスパイスになって彼等の極めて非日常的な下らない悶着が脚光を浴びてくるという仕組み。だからスパイス不足を感じたら実に退屈な作品に成り下がる「恐れ」が十分にある。そこで必要となるのがビバリーヒルズのビル・マーレイ邸に乗り込みビル本人自身と出遭うくだりであろう。オマケにゴーストバスターズまで登場するのだから恐れ入ってしまう。これは正に「ここまでサービスしたんやから文句言わんと最後まで見てな~!」てなメッセージなんでしょう。監督のルーベン・フライシャーさんは図太いコンセプトで押し通すのでは無くて、あちこち繕いながら作品を仕上げる職人さんなのかなと思ってしまった。尤も見て損の無いユニークな作品であることは間違いないところ。
 尚、ヒットに肖って続編が企画進行中であったが、最近(2011/10現在)はテレビシリーズとして続くことが決定したそうな。つまり内容的にはテレビシリーズにぴったりなのだ。

スポンサーサイト

テーマ : ホラー
ジャンル : 映画

季節の音楽(神無月)

季節の音楽(神無月) 
 季節の音楽(神無月)はパット・メセニーの「シークレット・ストーリー」を採り上げる。フュージョンギタリスト(ってジャンルがあるのかどうか知らないが)パット・メセニーの1986年のアルバムである。いわゆるコンセプトアルバムであってかなりの大曲である。出だしからコーラスによるベトナムの民族音楽を使用して聞くものを直ちに異世界に誘うという寸法。またアコーディオンを効果的に使いセンチメンタルな趣を醸し出している。
 実はこのアルバムを初めて聞いたのは、今は無きBSデジタルラジオの草分け的存在であったセント・ギガ。開始早々のこの局は静かな音楽+せせらぎの音を使い、アンビエントという新しいジャンルの音楽を創造したわけ。タイムテーブル(番組表)という概念をタイド・テーブル(潮の満ち引き)に変えてその地位?を確固たるものにしたのだった。丁度10月下旬ごろにシークレット・ストーリーの「Always in my life」が良く流れており、それで知り得たのであった。正に晩秋に相応しい感傷的な名曲である。

テーマ : 心に沁みる曲
ジャンル : 音楽

ホームページの裏話(88)

Bear03_20111007235352.jpg
ホームページの裏話(88)
 さて今回も現在アップ中のチェリーとジャンヌ「トミーとウイルの物語」についての裏話を記してみよう。今回はトミー君の背中にあるブルー・ベアーについてである。本編では既に何時肌身離さずトミー君の背中にあるブルーベアーであるが、このトミーとウイルの物語においても、かなり小さい頃からブルーベアーとトミー君は一緒に生活してきたようである。
 一方、ブルーベアーという生物そのものはヒマラヤとかアラスカとか極めて寒い地方の「幻の白熊」として既に伝説化しているようだ。つまりそれだけ神秘的というわけで、トミー君のどことなく神がかった演奏と相通ずるものがあるように感じるから妙なもの。このブルーベアとトミー君の本当の関係は本編が再開されたときに更に明らかになるものと思われる。

テーマ : イラスト
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード