海外テレビドラマ「フリンジ」

海外テレビドラマ「フリンジ」
 諸般の情勢から散発的な書き込みになってしまっている本ブログ。本日は基本?に立ち返ってのホラーの題材でお送りする。先月からCS放送(及びケーブルTV)のスーパードラマTVで始まった米国連続テレビシリーズの「フリンジ」である。製作総指揮はあの「LOST」のJ・J・エイブラムスということで何かと話題を集めてはいるようだ。
 フリンジとはフリンジ・サイエンス、即ち「非主流科学」のこと。女性FBI捜査官オリビアが超常現象トンデモ事件を追うというもので、これは正に「X-file」そのもの。ところがメンバーの一人である精神病院から出所?したナントカ博士なる人物が何故か訳知り人間で事件の謎を看破してしまう。しかし謎を解明して犯人逮捕に協力してくれるかといえば、そこは博士の私情感情都合?などが優先してしまい中々一筋縄ではいかぬ。むしろ謎は放置され、博士は更に訳の分らぬ行動に出たりするのだ。このあたりの不条理さ、歯がゆさが本作品の真骨頂なのだろう。更に博士の頼りない息子までが助手として登場し事態の混乱に拍車を掛ける始末。つまりはこうした米国独特の(ある種のドタバタ)ユーモア感覚を理解しないとこの作品はかなり退屈になってしまう。 
 お話の着想(謎)がいわゆる「シンプルで分りやすい要素」に満ち満ちているため、ともすれば直球(事件の謎と整合性の取れた明快なカタストロフィー)を期待すると、思わぬうっちゃりをくらうという寸法。中々しぶとい作品である。米国では現在もシーズン3が放映中という。
 尚、オリビアの上司?の役であるラウス・レディックなる黒人俳優だが、まるでモデルのようで姿かたちが素晴らしくよく響く声と共にドラマを文字通り引き締めている。
スポンサーサイト

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

季節の音楽(師走その1)

季節の音楽(師走その1)
 (師走 その1)は「古いドイツのクリスマス音楽」を採りあげる。ヨーロッパの古いクリスマス音楽としてはグレゴリア聖歌が有名であるが、それとは別のいかにも庶民レベルといったシンプルなクリスマス音楽も存在する。それがこの“古いドイツのクリスマス音楽”と題されたアルバムである。ドイツ・ハルモニア・ムンディからリリースされたものだが、そのもの静かでつつましやかな佇まいは聞いていて本当に心温まるものだ。
 エッカルトなどの殆ど知られていない作曲家の曲をソプラノのエミー・アメリンク、チェンバロのグスタフ・レオンハルト、リコーダーのハンス・マルティン・リンデなどの超一流バロック演奏家が奏でることにより、リスナーはヨーロッパ本来の“聖夜”を体験することになる。因みにこの面々は既に「アンナマグダレーナ・バッハの音楽手帳」なる名盤をものにしているからその演奏は保障されたようなもの。録音は1960年代だと思うが爾来永い間聴き継がれてきている名盤といえよう。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

ブラームスのヴァイオリン協奏曲のライブ中継

ブラームスのヴァイオリン協奏曲のライブ中継
 先月下旬の24日と25日にNHK-FMで生中継された演奏会が非常に興味深かったのでここにその感想を含めてレポートしてみたい。
 先ずは24日の第1687回NHK交響楽団の定期演奏会で場所はサントリー・ホールである。ソリストにはヴェロニカ・エーベルレを迎え、指揮はマルクス・シュテンツ。このエーベルレのヴァイオリンが滑らかというか妖艶というか、誠に素晴らしい演奏で暫し利き惚れてしまった。またアンコールのプロコフィエフのソナタからの楽章も歌に溢れた感動的な名演であった。尚、翌25日にも同一場所で同一プログラムが演奏されたという。
 さて次なる生中継は翌日25日で場所は何故かNHKホール。今度はソリストがジャニーヌ・ヤンセンで指揮がパーヴォ・ヤルヴィのドイツ・カンマーフィルハーモニィ。ヤンセンの演奏は極めて野生的である。ヴァイオリンと戦っているようなブラームスとでも言おうか。それがまた曲の本質を顕わにしていて興味深い。
 というわけでこの全くコンセプトの異なる演奏を比較して(両者とも女性ヴァイオリニストであってしかも生中継で)聴けた体験は非常に貴重であった。聞けばここでも前日の24日にも同一プログラムを演奏しているという。つまりこの2日間に4回も都内でブラームスのヴァイオリン協奏曲が集中して演奏されたわけでこのシンクロニシティは一体全体何なんであろうか?過去ジネット・ヌブーという女流ヴァイオリニストの演奏がこの曲の定番であったから女性ヴァイオリニストの起用というのは分るが・・・。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード