季節の音楽(文月その2)

季節の音楽(文月その2)
 (文月 その2)はバッハのフルートソナタ(ランパル&ラクロア)を取り上げる。バッハのケーテン時代は優れた器楽曲が数多く作曲されたことで知られているが、中でもこのフルートソナタ集は親しみ易さもあって人気が高い。有名なシチリアーノも含まれているし、リコーダー用にも編曲されている。また人気曲だけあってレコードも沢山出ているし、著名なフルーティストによる再録音も結構多い。そんな中では1960年代初頭にエラートに録音された、フルートがJ・P・ランパル、チェンバロがR・B・ラクロアのコンビの演奏が音色の豊かさ、曲に対する演奏姿勢、全体のまとまりなど全ての点から文句の付けようの無いいわば古典的名演奏と言えよう。因みに一部の曲には通奏低音のチェロが入っているが残念ながら演奏者はクレジットされていない。
 10年近く昔に新幹線で出張の折には必ず聴いていたものだ。特にこの季節に出張が多かったので必然季節は今頃となってしまった。また丁度お茶畑に風力発電の風車が廻っているのが車窓の風景として大変印象に残っている。この曲を聴くと朝の清々しさと共にその光景が蘇ってくる。
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

ホームページの裏話(69)

MS01_20100723231813.jpg
ホームページの裏話(69)
 今回は「チェリーとジャンヌ7月号」のネコギャラの暑中見舞い状パート2のマスターの巻(デインジャラス・サマー)について述べてみよう。彼方に見えるピラミッドを背景に恰好を付けているマスターの出で立ちは・・・そう、皆さんも良くご存じのインディー・ジョーンズそのものである。何故かと言えばマスターの性格はちょっと軽率な部分もあるインディー・ジョーンズにそっくりだからである。作者はこれを描くにあたりその秘書にネットの検索を命じて事細かに映画におけるハリソン・フォードのスタイルを研究したのである。しかし、背景に見える原住民(?)やネコのトーテムポールなどは全くの創作である。尚、鞭の先がマスターの足に絡んでいるのは性格の軽率さを表しているのかも知れない。果たして先々マスターはネコストでこの役を演じることがあるのであろうか。

テーマ : イラスト
ジャンル : 趣味・実用

iPod shuffle使用記

iPod shuffle使用記
 永年使用していたiPod mini(古い!)が遂に使えない状況に陥ってしまった。即ちバッテリーの寿命が尽きたのか2時間程度しかもたないのだ。まあ5年間よくもったと思えば諦めも付くというものかも知れぬ。さてそこで新機種を物色したのだが、miniに代わる商品はnanoというシリーズで液晶ディスプレイに静止画や動画が映るという。しかし小生の使用シーンは主に新幹線の中のBGMだからそこまでのスペックは不要である。一方shuffletというシリーズがあるのだが、これは電源オンしたら最後、ひたすら楽曲をシャッフルして聞くだけというものでシンプルだが“楽曲の選択性”が全く無いというのは困る。ところが昨年秋発売のshuffleの第三世代には何とプレイリストが選択できると言う。つまり“選択性”が可能となったのだ。これは、と思い早速4Gのshuffleを購入した。以下その使用感である。先ずその小ささに驚く。親指半分ほどの大きさである。楽曲の選択は全て音声ガイドに従ってイヤホーンケーブルの途中にある薄いボタンを押すだけ。つまりディスプレイ部分が全く無いのでそうしたシステムに代わったのだ。これは決して使いにくくなく、むしろシンプルで大歓迎だ。但し、その音声ガイドはプレイリストを音声合成して読み上げるので“たどたどしい”こと夥しい。むしろ笑える。また他のイヤホーンはボタンの都合で使えない。音質はやや硬めかな。しかし有用性は高い。蛇足ながら900系新幹線は窓際に100Vの電源があるので、アダプターを持ち込めばminiも使用可能なのだ。
<お知らせ>
 このJASON通信は開設以来“毎日更新”を果たしてきましたが、筆者の個人的都合によりここ暫く(三ヶ月くらい)は週一回程度の更新になります。よって採りあげるテーマは限られますが宜しくお願い致します。

テーマ : iPod & walkman
ジャンル : 音楽

季節の音楽(文月 その1)

季節の音楽(文月 その1)
 季節の音楽(文月 その1)はゼア・ゴーズ・マイ・ハート(スリーサンズ)を採りあげる。スリーサンズというグループをご存じだろうか?1950年代から1960年代に活躍したインストルメンタル(通称インスト、つまり楽器演奏の事)のグループで、アコーディオンを中心としたトリオである。また当時としては珍しい部類に入るエレキギターの音色を前面に出してその特徴としていた。曲はポップス、映画音楽、ラテンと何でもござれという感じで、先般の男子フィギアで有名になった「道~ジェルソミナ」も映画(サントラ)とは違ったものとしてこのスリーサンズの演奏が大ヒットしたものだ。他にも「誇り高き男」や「トワイライトタイム」「魅せられしギター(ハンテッドギター)」なんかもヒットしている。要はアレンジの妙とエレキギターの泣き節が評判を呼んだものだ。
 さてこの「ゼア・ゴーズ・マイ・ハート」はあるラジオ番組(名前は失念したが確か日下何某がディスクジョッキーをしていた)のテーマ曲であって、丁度時節柄初夏の趣きに溢れていた頃にスタートした所為か、この曲を聴くとどこからか一遍の涼風が流れてくる気がする。そんな訳でこの頃に聴くのが常となってしまった。

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

ホームページの裏話(68)

BOR1.jpg
ホームページの裏話(68)
 今回は「チェリーとジャンヌ7月号」のネコギャラの暑中見舞い状パート2のスケッチングサマーについて。実はこの絵を見た方から、「ここは一体どこなの?」というご質問をいただいたので。“チェリーとジャンヌ”の世界はファンタジーワールドなのでどこと限定は出来ないものの、一応作者にたずねたところ、「階段を昇りきると眼下に碧い海が一望に見渡せる。やや急な斜面には白壁の住居がぎっしりと建ち並んでいる。」んだそうな。そういえば階段の上の空には海鳥が飛んでいるではないか。どうやらここはギリシャのとある島のようですな。ボリス君は無類のお菓子好きだが、ギリシャの定番お菓子ってなんなのだろう?ご存じの方がおられたらお教え願いたい。ボリス君はきっとそのお菓子をこの夏食べるのであろう。階段の途中に見える青い扉も、なんとなくボリス君の未来の幸運を象徴しているようではある。

テーマ : イラスト
ジャンル : 趣味・実用

グルメ情報(Mリンの食卓②)

グルメ情報(Mリンの食卓②)
 今回は知り合いの「Mリンの家庭料理」の第二弾を紹介する。題して「Mりん風チンジャオロース」。ピーマン3つ、茹で筍を丸の半分、土生姜一かけを細切りにする。牛肉薄切り200gも一口大に切る。筍から炒め、ピーマン、生姜、お肉も入れ、塩、醤油、味の素で味を整え、最後に七味をまぶす。これで夏の食欲をそそるピリ辛料理の完成。因みに我が家では牛肉を豚肉に変え、味の素の代わりに手持ちのオイスター・ソースで味付けをしてみた。七味も勿論加えたが我が家での仕上がりはピリ辛というより非常にまろやかであった。Mリンのアドバイスではお醤油と七味のシンプルな味がポイントと言う事なので、シャープな味をお好みの向きにはMリンの味付けの方がお勧めかも。尚、お肉は鶏ささみでも良かろうとのことであった。

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

ホームページの裏話(67)

GY01.jpg
ホームページの裏話(67)
 「チェリーとジャンヌ7月号」のネコギャラの暑中見舞い状パート2について。中でも注目のギャオちゃんの巻である。この絵はギャオちゃんが「ワーキング・サマー」、即ちアルバイト(本業?)と称して田舎に出稼ぎに来ている様子を描いている。細かく言えば彼女はプロレスラーなのだから「地方巡業」なのであろう。場所はどうやら南国、それもメキシコみたいである。実はメキシコは「ルチャリブレ」と言って飛び技やアクロバティックな技が中心の謂わば空中プロレスがさかんなところなのだ。そうしてみるとギャオちゃんには甚だ不適合かも知れない。しかし持ち前のパワーとエネルギーで(チェリーちゃんを空中で確保したみたいに)きっと見応えのある試合を展開してきたのであろう。またきてね~と追いすがる子供達の姿がそれを証明していると思われる。

テーマ : イラスト
ジャンル : 趣味・実用

ファイヤーウォール

ファイヤーウォール(2006米国映画)
 御歳64歳!?のハリソン・フォードのサスペンス・アクションであります。銀行のセキュリティーを担当するジャックに魔の手が忍びよる。同僚(これも悪玉の一味)から紹介された男はセキュリティーを破って大金を転送するように要求する。実は仲間が既にジャックの家庭に侵入し家族を人質にとってしまっていたのだ。外部との連絡は不能で孤立したジャックの打開策はあるのか?と中々サスペンスフルで盛り上げてくれる
 一方、ジャックの秘書が唯一味方となって大活躍するのだが、実はこの俳優はメアリー・リン・ライスカブといって大ヒットテレビドラマ「24」のクロエ役の人。つまりジャック(奇しくも主人公は24と同じ名前!)をサポートすることにかけてはこれ以上の適役はおらんがなもう、というわけ。監督リチャード・ロンクレインは手際のよい演出で見せるのだが、ハリソン・フォードがもう“ご老体”なのが分って仕舞うのが何故か悲しい作品でした。

テーマ : アクション映画
ジャンル : 映画

ホームページの裏話(66)

JL01.jpg
ホームページの裏話(66)
 先日アップした「チェリーとジャンヌ7月号」より。ネコギャラの暑中見舞い状パート2について。今回の暑中見舞い状は、ネコストのレギュラーメンバー夫々の夏の過ごし方をテーマにしている。チェリーとジャンヌは海辺のリゾートで優雅に夏休み・・・・とは経済的にキビシイようで、どうやら現地でアルバイトしながらリゾートするという、一石二鳥をねらったようである。でも、運動神経抜群のチェリーちゃんはスイスイと楽しみながら働けるからいいものの、ジャンヌちゃんの足元ははなはだ危なっかしく不安な様子。その差が出てしまっているのがネコギャラの最初の「スケーティング・サマー」というわけ。余談だが、作者はジャンヌちゃんが注文をとっているテーブルの“老夫婦ネコ”がよく描けたと言っている。老紳士の目線の先には・・・?チェリーちゃんは更に“悪乗り”し、夜の部として「ファイヤーダンス」にまで進出している。これだけ働けば、資金は十分であろう。また他のメンバーも夏はどうやらアルバイトに精を出すことになっているようだ。

テーマ : イラスト
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード