ジャズ・パラダイス(ベニー・ウオレス)

ジャズ・パラダイス(ベニー・ウオレス)
 テキサス・テナーなる異名を取るサックス・プレーヤー。その正に骨太な音色には誰もが圧倒される。1980年代初頭はセロニアス・モンクの作品集を出したりして注目されたが、その後来日したサマージャズフェスティバルでは開始早々に登場し一人で「トワイライトタイム」を延々と披露。これが実に心に染み入る演奏だった。
 そんな訳で1990年代のある日ブルーノート東京に出演と聞きつけ馳せ参じたところ、何と片足にギプスを嵌めてステージに現れた。聞けばスキーで骨折したとか。それでも演奏は変わらずダイナミックであった。しかもこの晩は途中であの山下洋輔が乱入。嬉しいことに第二部では直ちに競演ということになった。今となっては懐かしい思い出である。
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

ホームページの裏話(17)

3匹
ホームページの裏話(17)
 今回は明日アップする「チェリーとジャンヌ8月号」の概要を紹介する。ネコストは毎夜アメショー君が飛ばしている紙飛行機が意外なところに“着地”する。そしてそこから新しいストーリーが始まる、という訳でご期待頂きたい。
 またネコギャラでは新シリーズ“チェリーとジャンヌのグリム童話集”を掲載。ここではチェリーちゃんとジャンヌちゃんがあの有名なグリム童話の主人公を演じている。グリム独特の世界が二匹によってどう表現されるのか。こちらも是非お楽しみに。尚、いずれもハガキ仕様で販売中である。

テーマ : イラスト
ジャンル : 趣味・実用

カクテル・ストーリー(バカーディカクテル)

カクテル・ストーリー(バカーディカクテル)
 ラム酒ベースのカクテルというのはライム(もしくはレモン)と砂糖(もしくはグレナデン・シロップ)を混ぜて飲むというのが発祥らしい。本カクテルはそのラム酒の名前が付いたもの。グレナデン・シロップが赤いのでほのかに赤い色が着く。JASONはパウダーシュガーで作ってみたが問題なく美味しく出来上がった。但し、使うライムの新鮮度合いがかなり出来不出来を左右するシビアーなカクテルでもあるのだ。またラム酒の香りというのがどうしても夏を連想させてしまうので、一種のトロピカル・カクテルとしても楽しめる。

テーマ :
ジャンル : グルメ

季節の音楽(文月 その4)

季節の音楽(文月 その4)
 (文月 その4)は“CTIオールスターズ・アット・ハリウッドボウル1973”を取り上げる。1973年7月23.日~24日にカリフォルニアのハリウッドボウルでCTI即ちクリード・テイラーが創設したジャズ&フュージョンレーベルのメンバーが揃って挙行した一大ジャムセッションがこれ。メンバーの顔触れ、演奏のクオリティなど正に空前絶後であって、当時発売のLP3枚分の怒涛のアルバムは未だかつてCD化されていない。
 小生は当時これまたNHK-FMのジャズ番組で一部を聴き、廉価版になったのをきっかけに一気にゲット。一枚目の第一曲は当時飛ぶ鳥を落とす勢いのジョージ・ベンソンが「夢のカリフォルニア」を熱演。ママズ&パパスの名曲というより、ウエス・モンゴメリーの同名大ヒットアルバムを意識しての選曲であることは明白である。そして二曲目はフレディー・ハバートの「ファーストライト」。これも彼のデビューヒットアルバムである。更にジミー・スミス、ハンク・クロフォード、ミルト・ジャクソン、グローバー・ワシントン・ジュニア、ボブ・ジェームス、ヒューバート・ローズなどの超豪華な顔触れが並ぶ。恐らくクリード・テイラーはこのレーベルの立ち上げをこのコンサートで勢い付けたかったことは想像に難くない。何しろ編曲者ドン・セベスキーの12音階とか、ジャズ、ソウル、ロック、が程よくミックスされた快適な音楽、それがジャズ・フュージョンであった訳で、CTIはその総本山でもあったのだから。エスター・フィリップスもヴォーカルで参加し、ソウルフルな熱唱を提供している。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

ナイトウオッチ

ナイトウオッチ(2004年ロシア)
 “ロシアで”大ベストセラーとなった小説を映画化したところ、これまた“ロシアで”大ヒット。ジャンルものの典型でダークファンタジーに分類されるのかも知れぬ。太古の昔から光の部族と闇の部族が居て対立を繰り返していた。異端児が生まれるとどちらに就くか“ウオッチ”されるというわけ。
 お話はアンダーグラウンドの世界で繰り広げられるからヴァンパイアや魔女などが跳梁することになる。前半はそうした異世界の造形というか佇まいというか、実にユニークかつ素敵であったのだが、後半は何故か世界的災難の話に変わり、極めてハリウッド的な映像ばかりになってきてやや食傷気味。挙句の果てに災難の原因がある女のヒステリーと分かったりしてもう最悪。監督ティムール・ベクマンベトフは悪乗り映像に責任を取らねばならぬ。しかしヒットに気を良くしてか原作通り三部作を作り上げる熱意があるそうな(第二作「デイ・ウオッチ」は公開済み)。

テーマ : ホラー映画
ジャンル : 映画

競泳世界選手権2009

競泳世界選手権2009
 本日よりアテネで開催されている世界選手権の“競泳”が始まる。競泳世界選手権、即ち水泳の世界規模の大会はこの毎年開催(場所は毎回変わる)の世界選手権の他には主だったものでは4年毎のオリンピック、2年毎のパンパシフィックがある。つまり年によっては重複して選手はいろいろと苦労がありそうである。
 世界規模の水泳大会の見所はと言えば、最新の“泳ぎ”が見られることに尽きる。種目によっては短距離から長距離まであるので当然泳ぎ方は変わってくるし、メドレーの如く泳法が混在する場合もある。水泳が趣味という方は多いと思うが、先ずはイメージトレーニングの入り口としてこの世界大会の映像を活用しては如何だろうか。それに最近は“水中の映像”がかなり鮮明に見られるので尚更である。

テーマ : 水泳
ジャンル : スポーツ

イーオン・フラックス

イーオン・フラックス(2005年米国映画)
 原作はアメコミでアニメ化されたこともある。2015年の未来にウイルスで人類の大半が絶滅してしまった世界が舞台である。その世界を統治する専制君主を殺害せんと送り込まれた革命戦士(刺客)がヒロインのイーオンというわけ。その館に忍び込むところから用心棒や同僚との様々な戦いが続く。アクション・シーンは結構派手な展開で楽しませる。しかも主演はシャーリーズ・セロンでモデル出身だからしなやかな動きはなかなかのもの。
 しかし、遂に宿敵(君主)と相対したとき二人は“何か”に気付く。このあたりはネタバレなので詳細は省くが“SF映画にはよくありがちな話”ではある。だから“もっともらしさ”が必要なのだが、いささか底が浅い(バレバレ)。尤も小生としては空中を静かに舞う飛行船?など2015年の世界の視覚的造形に惹かれるものがあった。一度原作のアメコミを見てみたいもの。監督は日系のカリン・クサマ。だから随所に日本的な映像が出てくる。蛇足ながら彼女の最新作はミーガンフォックス主演の「Jennifer's Body」なるホラーだとか。

テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
ジャンル : 映画

ジャズ・パラダイス(ソニー・クラーク)

ジャズ・パラダイス(ソニー・クラーク)
 ソニー・クラークのピアノは重心の低いブルースとその愛すべき浪花節メロディであろう。リーダー作「クール・ストラッティン」はブルーノート中で屈指の大人気アルバムである。しかしその評判はわが国だけという妙な現象ではあるようだ。例えばマンハッタン・ジャズ・クインテットが来日の折、コンサートの最初の曲にわざわざクール・ストラッティンをもってきたのもそうした理由による。
 残されたアルバムはかなり少ないが前述のアルバムのようにクインテットの演奏ではピアノと管楽器の対比が絶妙で素晴らしい。一方タイムレーベルに残されたトリオ演奏(1960)ではブルース・フィーリング溢れる演奏が楽しめる。中でも近年発掘された「ブルース・ブルー」の別テイクは延々10分にわたるアドリブが息を呑む出来栄えで圧倒される。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

ホームページの裏話(16)

iPod.jpg
ホームページの裏話(16)
 今回は「チェリーとジャンヌ」7月号のネコギャラにエントリーしている「暑中見舞い状」の各絵のポイントについて取り上げてみよう。一枚目の「カラーライト」は、カラーという花の上で小さな妖精になって夏の夜を過ごすチェリーとジャンヌ。ジャンヌは花の芯の灯で読書、チェリーはiPodで音楽を楽しんでいるのかな。「かき氷バランス」は運動神経抜群のチェリーの隠された才能の一面。「魚流し」は立札のバツ印にご注目、お箸を使うのがルール。「風神雷神」は御存じ俵屋宗達の絵を元にしている。性格的にはやはりこの役どころであろう。「翼竜グライダー」は“サウナ効果”が狙いかも。「ビッグウエーブ」はやっぱりチェリーの独壇場。ジャンヌはサーフボートにしがみついて作り笑いしている。皆様にはそれぞれの夏気分を味わってもらえれば幸いである。

テーマ : イラスト
ジャンル : 趣味・実用

カクテル・ストーリー(モッキンバード・カクテル)

カクテル・ストーリー(モッキンバード・カクテル)
 名前からして愛らしいテキーラベースのカクテルである。テキーラ2、ミントグリーン1、ライムジュース1、をシェイクしてカクテルグラスに注ぐ。グリーンの色合いが美しく、味わいはミントだからアルコールを飲んでいるという気がしない。独り静かに呑むというより、これはもうパーティでカクテルグラス片手の“キツツキ”があれこれおしゃべりをするという場面にぴったりだと思う。ある意味生活の中に溶け込んだ正統派カクテルであります。

テーマ :
ジャンル : グルメ

プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード