Mozart K533に想う

g0042203[1]
Mozart K533に想う
 モーツアルトの音楽を聴くとまるで魂(Soul)が洗われるようだ、という気障な言い回しはモーツアルトであれば許されてしまうのではないだろうか。それほど彼の音楽は人間の琴線に語りかけ幸福感で満たしてくれる。
 小生は就寝前に寝酒を傾けるのだけれど、その時の音楽として最近はワルター・ギーゼキングの弾くモーツァルトのピアノソナタを流すことが多い。とりわけ第18番(旧番号)K533は第三楽章が別の断片から追加されたりと穏やかではない構成を持ちつつも、単純なメロディで構成されたそのダイナミックな展開が小生のお気に入りだ。
 過日ウイーン料理(独料理というべきか)のお店で流れてきたのがこのK533であった。ところがどうも様子がおかしい。御馴染のメロディに纏わりつくように何かしら別の音が聞こえてくるのだ。それは文字通り音符の前後に割り込むがごとく、絡みつくが如く、それでいて違和感は余り無く、実に奇妙な音楽なのであった。よくよく聞いてみるとどうやら2台のピアノで演奏しているらしいのだ。早速調べてみた。すると先ずはあのスビャトスラフ・リヒテルとエリザベート・レオンスカヤが演奏しているCDだと判明した。そして編曲者はグリークなのであった。そして何故か全音から楽譜が出ている。輸入版では無いので比較的安いのが有りがたい。それを入手してみた。正にお店で聴いた音楽そのものなのであった。
 ところでピアノ連弾(含む2台のピアノ)の曲というのはそれほど流行ってはいない。小生は結構好みのジャンルとして聴き漁り、かつ収集もしているのだが新たな録音も殆ど無いのが現状だ。最近分かってきたのだがこれには実は訳がある。レコードもラジオも無かった時代にピアノは「音楽の再生機」であったのだ。そしてコンテンツに当たるものが楽譜というわけ。生活に有る程度の余裕のある家庭の娯楽としてピアノは存在し、そこには家族で弾くための新しい楽譜が要求される。それも一人より二人の方が楽しいに決まっている。ピアノ連弾の楽譜はそうしたリクエストに答えてかなり出版されたものと想像される。
 ブラームスの連弾曲ワルツ作品39は作品自体の出来栄えが素晴らしい事は勿論であるが、ブラームスがシューマン未亡人との連弾を目論んで作曲したフシが無いとは言えぬ。事実当時の書簡などの資料からその辺の事情が窺い知れる。
 音楽自体が録音ソースでしか聞かれない現代では様子がいささか異なって来る。要するに連弾の曲は演奏会でしか聴かれない音楽になってしまったのだ。このグリーク編曲の楽譜を見ると「聴く」よりも「弾く」ことに重点を置いていることが良く分る。そうしたことに気が付かせてくれたのがこの曲集であった。
 音楽評論家の中村とうよう氏が言われている「音楽の三要素」、即ち「作曲家」「演奏家」「聴衆」を考えると、現在の音楽シーンの殆どの享受者は間違いなく「聴衆」であろう。しかしながらこのピアノ連弾曲に限って言えばそれは「演奏家」ということになる。だから新譜も新曲も現出しないのであろう。
スポンサーサイト

テーマ : 楽譜
ジャンル : 音楽

ガーシュインのピアノ協奏曲

 ガーシュインのピアノ協奏曲(2012年11月10日 サントリーホール)
 先日、日フィルの演奏会に行ってきたのでその感想を記す。開演前に恒例?の指揮者によるプレトークというものがあった。それによれば当日のプログラムはアメリカを意識して組み上げたそうだ。ガーシュインは元より後半の大曲ムソルグスキー展覧会の絵は殆ど演奏される機会の少ない「ストコフスキー編曲版」という。本ブログではそのガーシュインのピアノ協奏曲について述べてみたい。
 今回の独奏者はフランスの名ピアニスト「パスカル・ロジェ」。近年はドビュッシーのCD全集をリリースして評価されたお方である。小生のロジェ体験は以下の如し。20年以上昔に来日して埼玉県のホールでショパンのピアノ協奏曲第一番を演奏したのをFM放送で聴き大変感銘を受けたものだ。
 さて今回はガーシュインのピアノ協奏曲である。ジャズという音楽に関して誤解を恐れずに言えば「黒人ジャズ」と「白人ジャズ」に大別されると思う。前者はいわゆるコテコテのジャズなのに比して後者はジャズの要素を残しつつポピュラリティに主眼を置いている。即ち大編成のオーケストラやビッグバンド、更にはハリウッド(映画)音楽へとつながるジャンルなのだ。この流れの根源がガーシュインなのだと思う。ジャズの大衆化という現象が存在するならその立役者は間違いなく彼であろう。反面クラシック音楽の衣をまとっているのも確かで、ジャズがその衣を着こなしきれていないという問題がある。その良い例がこのピアノ協奏曲であって各メロディが次々と現れるものの全体の構成というか見通しは極めて宜しく無いのだ。別に3楽章形式に縛られる必要なんか全くないと思うのだが。またこの曲は近年ジャズ・ピアニストがオーケストラと組んで演奏されることが多い。
 閑話休題。ピアノ独奏パスカル・ロジェ、山田和樹指揮日本フィルハーモニー交響楽団 の演奏であるが出だしが緊張感の所為か滑らかとはいかなかった。つまりガーシュインのリズム感の共有が出来ていなかったのだ。しかし第二楽章の半ばあたりからピアノの音に艶と重みが出てきてどんどん盛り上がった。そして圧倒的なフィナーレに結びついたのだった。惜しむらくはオケを鳴らしすぎたためかピアノの音が掻き消される場面が多々あったことだ。よってアンコールの独奏曲、サティのグノシエンヌは会場隅々にまで染み渡る名演となったのである。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

イヴリー・ギトリスのリサイタル

イヴリー・ギトリス ヴァイオリン・リサイタル
 11月27日 東京文化会館小ホールで開催された上記リサイタルに行って来た。イヴリー・ギトリスのヴァイオリンを聞くのは20年ぶりだろうか。その独特の奏法は音楽と深く共鳴して聞くものに感動を齎す。その奏法を19世紀的だという人も居れば、新感覚だという人もいる。チケットは完売し会場は超満員であった。
 演目は先ずベートーベンのヴァイオリン・ソナタの第九番「クロイツェル・ソナタ」である。これは近年の彼のライブとしては定番中の定番であり、過去様々なピアニストと競演しCD化もされている。正にギトリスのクロイツェルなのであって余人の追従を許さぬ。とりわけ第二楽章の変奏曲は即興演奏の如き千変万化な表現が素晴らしい。休息を挟んでの第二部冒頭は伴奏者ヴァハン・マルディロシアンの独奏でブラームスの弦楽六重奏曲をテーマにした変奏曲だがこれは平凡な出来栄え。そして再びギトリスが登場してドュビッシーの「ヴァイオリンソナタ」。実はピアノとのバランスはこの曲が一番合っており、ごく自然な曲想の流れが心地良い感動を与えてくれていた。最後はクライスラーやマスネーなどの小品を数曲。日本の浜辺の歌なども独奏として演奏された。これらの小曲をギトリス節で聴くと、音楽の作り方や楽しみ方にまだまだ色々な要素があることを痛感させられる。事実某音大では翌日から二日間は彼の特別レッスン(見学可能)が用意されているのだ。
 89歳という高齢にも拘らず矍鑠としているのは驚異だが、聴衆はそれを気遣いながらもアンコールを強請ってしまうのだ。キラキラ星変奏曲やロンドンブリッジなどの童謡を即興を交えて弾きながら舞台裏に消えていく様は見事であった。

テーマ : バイオリン
ジャンル : 音楽

ラ・フォル・ジュルネ 2011

ラ・フォル・ジュルネ 2011
 今回はJASONのGWの過ごし方について記してみたいと思う。先ずは(その1)としてクラシックのコンサートに行ってきた。それは有楽町の国際フォーラムで毎年5月に開催されている「ラ・フォル・ジュルネ」という音楽祭の中のプログラムである。この音楽祭では一つのプログラム演奏時間が通常の7割程度であるが、その分チケットが格安なのが特徴である。また大半は子供の入場も認めているということはクラシック音楽をより広い層に聴いてもらって楽しんでもらいたいという主旨が込められている。演奏者も内外を問わず一流どころを揃えている。
 JASONは中日4日の夕方のボリス・ベレゾフスキーのピアノリサイタルに行った。実は東北関東大震災で一旦総てのプログラムはキャンセル&再設定されるというアナウンスが4月下旬にあったのだが、このリサイタルだけは当初どおり行われたのであった。ベレゾフスキーも開催を強く望んだといわれている。
 さてプログラムはリストの超絶技巧練習曲全12曲と同じくリストのメフォストワルツ。前者はライブで全曲を聴くのは初めてである。曲も曲ならベレゾフスキーの馬力のある快速運転は凄い!あの体格でないと先ずは不可能と思われる強烈な打鍵(フォルテッシモ)はスタインウエイのフルコンをものの見事に鳴らしきって比類が無い。前半やや歯車がかみ合わない部分もあったが、後半は油がのってきた如くスラスラと弾き捲る様は壮観ですらある。全12曲は聴くほうも結構緊張が要求される。その意味ではメフィストワルツとの間に休息をいれたのは正解であった。尤もこの所為でメフィストワルツをアンコールと思ってしまった輩もいるようだが。そして鳴り止まぬ拍手に応えてガーシュインのプレリュードとM・グールドのブギウギワルツがアンコールとして弾かれた。こちらは極めてリラックスした演奏だったが何かしら「肩透かし」といった印象であった。リストの曲と「格」が違いすぎるのかも?
 因みにこのリサイタルは国際フォーラムの隣の、一階にビッグカメラの入る読売ホールであったのだが、古いホールなので不備が散見された。大体二階席にトイレが無く、ならばと一階に行くとチケットを持ってないと出られない所にあるため、またまた二階に戻って連れからチケットを貰って出直すというハメに。ナントカしてもらいたいものだ。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

ピアニスト・ヘブラーの芸術

ピアニスト・ヘブラーの芸術
 先週日曜日(1月23日)の朝にNHK-FMのクラシック番組「名演奏ライブラリー」で女流ピアニストのイングリット・ヘブラーを特集した。ヘブラーというピアニストはクリアーで清廉な音色を特徴とし主にモーツアルトの作品を得意としていた。1960年代に録音されたモーツァルトのピアノソナタや協奏曲のアルバムは当時ある意味「定番」といっても良い存在であった。
 この日はそうしたモーツァルトのソナタやシェリングとのヴァイオリンソナタ、シューマンの協奏曲、シューベルトのアンプロンプチュなどが紹介されたが、最後がハ短調のピアノ協奏曲24番K491。これはNHKアーカイブによる2001年の来日のライブ録音であって、彼女の千変万化なアドリブ(というと語弊があるやもしれぬが)が堪能できる超名演であった。特に第二楽章は各旋律の終わりに入れるフェイクが素晴らしく、いわば「技が決まっていた」のである。この時彼女は75歳であったという。是非CD化をお願いしたいものだ。
 小生はこれより前1996年頃の来日のリサイタルのライブをやはりNHK-FMで聞いたことがあった。それはモーツァルトの有名なK331の「トルコ行進曲付」のピアノソナタだったのだが余りの素晴らしさに夕食の箸を止めて暫し没頭してしまった記憶がある。つまり音楽の作り方に妙があり、極めて自然にモーツァルトの世界に引き込まれてしまい、結果として大きな感動をもたらすことに成功していたのだ。それは思い入れたっぷりのL・クラウスやシンプルなタッチのW・ギーゼキングとはモーツァルトへのアプローチが全く異なっている。そして前述のK491の演奏にもそのスピリットが十二分に生かされていたように思う。
 さてこの名演奏ライブラリーでは司会者が最近は来日の予定が何度かキャンセルになったことを告げていたが、よく考えれば御歳85歳ということであるから無理からぬことかもしれない。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード