FC2ブログ

季節の音楽 長月

Cool_20180830175227426.jpg
季節の音楽 長月
 季節の音楽 長月はソニー・クラークの「クールストラッティン」を取りあげる。ジャズの入門盤(この呼び方には大いに違和感があるけれど)に必ず登場するのがこのアルバム。ピアニストS・クラークのリーダーアルバムとしては最もヒットし二本足のジャケット写真でつとに有名である。
 メンバーはASax:J・マクリーン、Tp:A・ファーマー、Bs:P・チェンバース、Ds:A・テイラー、と当時のファンキージャズを代表する面々で固めている。我が国のジャズファンには相当気に入られているが、お膝元の米国ではS・クラーク含めそれ程評価されていない。
 我が国でモテる理由としてはブルースコードが日本の歌謡曲と共通要素があるとか、様々な説があるが、これは構成が極めてキチンとしており、リズムが崩れていない。つまり極めて安定しているからだと思う。砕いて言えば決まりごとが決まった通りに展開する安心感みたいなものか。しかもそれが浪花節なんだから尚更であろう。
 勿論ジャズにはアドリブという即興的要素があるのだが、クラークの重心の低いピアノタッチは崩れそうでいて崩れない安定したブルース感覚に溢れ、結果として安心して身を委ねることが出来るのである。この感覚にはどうしたワケか晩夏の日差しを受けた街路の景色が良く合う。初めて聴いたのがその季節だったからかも知れない。
 1989年バブル盛んな頃の9月某日に六本木に“1588”というバーが誕生した。知り合いが経営していたかなんかで、初日に行ったら閑古鳥が啼いていたけど、この店名は知る人ぞ知るこのクールストラッティンのレコード番号なのだ。“BlueNote1588”でファンは直ぐに分かるという寸法。早速BGMにこのアルバムを流すようオーダーしたのは言うまでもない。
スポンサーサイト

季節の音楽 葉月

ハービーハンコック
季節の音楽 葉月
  葉月はハービー・ハンコックの「カンタロープ・アイランド」を取り上げる。この曲はピアニストにして編曲者、イベントプロデューサー(東京JAZZなど)であるハービー・ハンコックの名曲である。カンタロープとは南国産のスイカみたいなフルーツのことで、曲はそれを抱えた娘さんのリズミカルな歩みを表している(娘さん以降は小生の創造です)。
 元々はブルーノートにカルテットで録音したものがつとに有名であるが、ハービー自身はこの曲をブルーノート東京なんかのライブではトリオでも良く演奏している。1995年のマウント・フジ・ジャズ・フェスティバルではベースにデイブ・ホランド、ドラムスがアル・フォスターという強力な布陣で演奏したのだが、これが凄かった。延々10分近いギグながらアドリブの変幻自在な展開、バック陣の力強いビート感など、屈指の名演であったが何故か今もってCD化はされていない。
 ジャズピアノのスクールの夏の発表会で採り上げたワケだが、出だしの独特のリズム感は両手を旨く組み合わせないとビート感が出ないのでかなり苦労したものである。
  

季節の音楽 文月

8425724111665[1]
季節の音楽 文月
 季節の音楽 文月はゼア・ゴーズ・マイ・ハート(スリーサンズ)を採りあげる。スリーサンズというグループをご存じだろうか?1950年代から1960年代に活躍したインストルメンタル(通称インスト、つまり楽器演奏の事)のグループで、アコーディオンを中心としたトリオである。また当時としては珍しい部類に入るエレキギターの音色を前面に出してその特徴としていた。
 曲はポップス、映画音楽、ラテンと何でもござれという感じで、先年の男子フィギアで有名になった「道~ジェルソミナ」も映画(サントラ)とは違ったものとしてこのスリーサンズの演奏が大ヒットしたものだ。他にも「誇り高き男」や「トワイライトタイム」「魅せられしギター(ハンテッドギター)」なんかもヒットしている。要はアレンジの妙とエレキギターの泣き節が評判を呼んだものだ。
 さてこの「ゼア・ゴーズ・マイ・ハート」は大昔のあるラジオ番組(名前は失念したが確か日下何某がディスクジョッキーをしていた)のテーマ曲であって、丁度時節柄初夏の趣きに溢れていた頃にスタートした所為か、この曲を聴くとどこからか一遍の涼風が流れてくる気がする。そんな訳でこの頃に聴くのが常となってしまった。

季節の音楽 水無月

100_AM24AL-5155-J[1]
季節の音楽 水無月
 季節の音楽 水無月は「101ストリングスの音楽」を採りあげる。101ストリングスとはその名前の通り、101人の弦楽器奏者を揃えたオーケストラのことである。ご丁寧にもそのレコードジャケットの片隅にはロゴと共にステージで演奏する彼らのイラストとも写真ともいえぬ絵が飾られており、101人が確認できるという仕組みである。確かにそのサウンドはシンフォニックで厚みがあり他の追従を許さないものがある。何となくハリウッド製のつまりはアメリカの楽団と思ってしまうが実際は指揮者含め全てドイツ(後にイギリス)のオーケストラである。
 またそのアルバムのコンセプトが明快なのも特徴である。特に世界各地の音楽、例えば、イギリス、スペイン、ギリシャなどの音楽だけを集めたもの、或いは食卓の音楽、寝室の音楽、それにクリスマスもの、ビートルズアルバムなど正に多種多彩である。ある意味環境音楽の先駆的位置づけになるのかも知れぬ。またレーベルのアルシャイアはレコードの価格を従来品の半分(数ドル)に設定した廉価版でリリースしたためかこれが普及に大いに貢献した。
 大学生の頃、ヤマハの輸入レコードバーゲンでこの廉価版が大量に出された際にその価格もあってかかなり入手したものだ。このバーゲンは6月頃に大手デパートの催し物場で定期的に開催され、会場には101ストリングス+トランペットという実にムードあふれるアルバムが流れていたのを思い出す。

季節の音楽 皇月

853[1]
季節の音楽 皇月 
 「季節の音楽 皇月」は「明日に架ける橋:演奏ポール・デスモンド」を取り上げる。このアルバムのプロデューサーはクリード・テイラー。この人は元々ABCレコードでポール・アンカなどのプロデューサーをしていたのをVerbレコードが引き抜いたのだが、早速彼が制作した「イパネマの娘」は大ヒットして1963年のグラミー賞を掻っ攫ったのは衆目の知るところである。
 その彼を1968年A&Mレコードが当時としては破格の契約金である100万ドルで引き抜いたのだが、これまた早速その手腕を発揮して今日に言うところのフュージョンの先駆け作品を続々発表してこれまた大ヒット。W・モンゴメリー、A・C・ジョビン、C・アダレイ、H・マン、G・ベンソン。B・ジェームスなどの大物ミュージシャンを登用したそのサウンドに我々は一気に引き込まれて仕舞ったものだ。ジャズとロックとそしてクラシックの融合みたいな異世界はそのジャケットのシュールなことと相まって人気を博し、彼独自のCTIレコードの設立にまで発展した。
 さて本アルバムはサイモンとガーファンクルのヒット曲集である。ポール・デスモンドの知的でクールなアルトの音色の醸し出す浮遊感というかアンビエントな感覚が素晴らしいが、一方ではピアノにハービー・ハンコックを採用するなどファンキーな一面もあって楽しめる。1970年代の5月頃にFMからエアチェックしたのであった。
プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード